ターゲットアンプリコンによるNGS系統解析

環境・食品・糞便サンプル中の微生物叢系統解析

微生物DNA網羅解析(下記の「16S rRNA系統解析」)により、特定の状態維持・変化に関わる微生物の絞り込みが可能です。土壌、水中、腸内、食品サンプルからのDNA抽出、16S rRNAアンプリコンの生成・シーケンシング、微生物叢のクラスタリング、ターゲット微生物の絞り込みまでを一気通貫で承ります。更に、独自の解析プラットフォームにより細菌叢分布とメタデータを統合することで、マクロな現象との新たな結びつきを特定することが可能です。

環境サンプル(土や水)、食品、糞便、体組織(肌や体液)のすべてのサンプルにおいて解析可能です。サンプルによって必要な量および保管方法、送付方法が異なります。

16S rRNA系統解析プラン
プラン使用機器価格/サンプル
(1〜4サンプル)
価格/サンプル
(5~12サンプル)
価格/サンプル
(13~24サンプル)
価格/サンプル
(25以上)
実験 + 解析MiniSeq (V4アンプリコン)
MiSeq (V3-4アンプリコン)
12万円10万円8万円6万円
実験のみ
(fastqデータまで)
MiniSeq (V4アンプリコン)
MiSeq (V3-4アンプリコン)
10万円8万円6万円4万円
解析のみMiniSeq (V4アンプリコン)
MiSeq (V3-4アンプリコン)
10万円8万円6万円4万円

※ MiSeq (V3-4アンプリコン)の場合は、こちらのサンプルあたり価格に対してプラス1万円でご提供をさせていただきます。

16S rRNA系統解析の概要

微生物が共通に持つ16S rRNA(リボソームの小サブユニット)のコード領域の配列パターン多様性を網羅的に系統解析し、サンプル中の微生物叢分布を明らかにします。

※V1-V3、V3-V4領域をターゲットとした系統解析も対応可能です。

独自アルゴリズムにより標的微生物の絞り込み・機械学習を用いた統合解析

専用解析プログラムQIIMEによる系統解析に続き、独自の計算アルゴリズムを用いたクラスタリング解析およびクラス特異的な微生物の絞り込みを行います。更に、 Deep Learning法に基づいた専用解析により、16S rRNA系統解析の結果とその他のメタデータ(サンプリング条件や処理方法、その他の測定データ)を統合的に解析し、微生物叢の変化とよりマクロな現象の間にある関係性を明らかにします。

This post is also available in: 英語