筑波大学シンポジウム「大規模複雑データの理論と方法論,及び,関連分野への応用」にて代表の仲木が登壇

2017年12月1日 (金) ~ 3日 (日)で開催される筑波大学シンポジウム「大規模複雑データの理論と方法論,及び,関連分野への応用」において、代表の仲木が登壇します。

タイトル:全ゲノムシーケンシング時代を勝ち抜く計算科学技術

(シンポジウムの詳細はこちら

 

今後とも増え続けるNGSゲノム・エピゲノムデータを活用する上でどのような計算科学技術が求められるか、Rhelixaがどのような戦略をとっていくかをお話しします。

タカラバイオ技術セミナー「エピジェネティクス関連解析受託サービス 」にて代表の仲木が登壇

2017年11月22日 (水)で開催されたタカラバイオ技術セミナー「エピジェネティクス関連解析受託サービス」において、代表の仲木が登壇しました。

タイトル:NGSエピゲノム解析のハンズオンサポート

(セミナーの詳細はこちら

 

エピゲノム解析を中心としたNGS研究開発サポートサービスについてご紹介しました。

 

IT財団主催「イノベーションリーダーズ・プログラム」に研究開発PMの松木が参加

2017年11月12日(月)〜16日(木)にドイツ・オランダで行われたIT財団主催のイノベーションリーダーズサミット・プログラムに、研究開発PMの松木が参加しました。

(プログラムの詳細はこちら)

ドイツでは世界最大の農業展示会であるアグリテクニカに参加し、オランダではワーヘニンゲン大学にて生命情報を組み合わせた農業管理プラットフォームについて情報交換を行いました。