EMBO誌にて共同研究論文が掲載 「Diminished nuclear RNA decay upon Salmonella infection upregulates antibacterial noncoding RNAs」

Rhelixa代表の仲木が共著者として作成に関わった論文が、EMBO誌において掲載されました。

タイトル:Diminished nuclear RNA decay upon Salmonella infection upregulates antibacterial noncoding RNAs

概要:細胞質におけるmRNA分解は、感染中の病原体を排除する上で重要な機構です。一方で、病原体の感染中での核内のRNA分解の意義は不明でした。

本研究では、Salmonella感染時にエンハンサーRNA(eRNA)やNEAT1v2などの長い非翻訳RNA(lncRNA)を含む145の不安定な核RNAが安定化するを特定し、それらが免疫系関連遺伝子の働きを助長することで、サルモネラ感染に対する抵抗性を高めていることを明らかにしました。

掲載ページ:こちらより

イメージ図



— Decoding Life, Creating Future —

エピゲノムで生き物のあたり前を超えていく

Rhelixaはコアコンピタンスであるエピゲノム解析技術を応用し、ソフトウェアや検査技術の開発、それぞれの目的に応じた研究開発のサポートを行っています。

効率的かつ効果的なエピゲノム解析を実現する上で、網羅的な大規模遺伝情報の取得が必要になります。その際、最先端のゲノム配列決定装置である次世代シーケンサーが欠かせません。Rhelixaでは次世代シーケンサーを使用するための専門のラボ、人材、ノウハウが揃っており、更にそれより得られたデータを解析するためのソフトウェア、人材、ノウハウが揃っています。