DNAはどうやってコピーされるのか(ゲノム入門第2回)

ゲノム入門第2回となります。 DNA とは?(ゲノム入門第1回)を読んだ後に読むとより理解が深まるので、先に読んでからこちらの記事に進むのがおすすめです。

前回の記事でも書いたように、細胞は分裂して子孫細胞を残します。分裂するためには、DNAに蓄えていた膨大な遺伝情報を、正確に複製(コピー)しなくてはなりません。複製はどのように行われるのでしょうか。それは、半保存的複製という方法でなされることが知られています。DNAは2本の鎖が対になっているので、それぞれの鎖を元の鎖(鋳型鎖)として、対になる新しい鎖(娘鎖)を複製すると正確に複製できますね。ちなみに、半保存的複製という呼び名の由来は、新たにできた2つの2本鎖がそれぞれ、1本は元の鎖でもう1本は新しい鎖であることからです。

複製開始の仕組みについて詳しく見ていきましょう。複製は、複製開始を担うタンパク質の一群が、DNAの複製起点と呼ばれる特別な配列に結合して始まります。開始タンパク質群の中のDNAヘリカーゼは、DNAの2本鎖を、ジーパンのチャックを開くように少しずつ1本鎖に開いていきます。開かれた部分はY字型になり(複製フォークと呼ばれます)、その部分から複製が開始されます。ここで大事なのは、最初からDNAが複製されるわけではない、ということです。まずは、RNAプライマーという短い分子が作られて、これをレールにして、DNAポリメラーゼが新しいDNA鎖を伸ばしていきます。RNAプライマーは最終的には分解されて無くなります。複製開始を助ける役割を果たす、ということですね。

次に複製の途中段階に移ります。実は、2本鎖の複製は対称ではありません。なぜなら、DNAの鎖には5´末端と3´末端という極性(方向性)があるのですが、DNAポリメラーゼは5´→3´の方向にしかDNAを作れないためです。その結果、2本の鎖のうち、リーディング鎖と呼ばれる鎖では流れるようにDNAが複製されていくのに対し、ラギング鎖と呼ばれる鎖では返し縫いのように複製されていきます。リーディング鎖ではプライマーが1つで済みますが、ラギング鎖ではプライマーがたくさん必要になります。

複製を進めるためには、DNAポリメラーゼやDNAヘリカーゼのほかにも、1本鎖DNA結合タンパク質、DNAトポイソメラーゼなどたくさんの酵素が必要になります。これらは独立に働くのではなく、集まって大きな複製装置を作って複製を進めます。

最後に、DNAの修復についてです。DNAは生物の一番大事な情報を蓄えており、複製は正確でなくてはなりません。そもそも、DNAポリメラーゼは元の鎖に対になる塩基を正確に結合させていくし、もし間違えてもすぐに校正を行うため、107個の塩基に1つほどのミスしか起こりません。校正でミスを見過ごした場合にも、その部分を切り取り、再合成して埋めるシステムが働きます(ミスマッチ修復と言います)。

DNAが大きなダメージを受けると2本鎖の両方ともが切れてしまうこともありますが、このような2本鎖切断を修復できるしくみもあります。1つ目は、切れたDNAの末端同士が離れてしまう前に、すぐにつなぐ方法です。これを、非相同末端結合と言います。ただし、非相同末端結合を行うと、連結部位のヌクレオチドがいくつかなくなるなどの危険を伴います。もう1つが、相同組換え修復という方法です。複製直後、2組の2本鎖が近くにある時のみ有効です。壊れていない方のDNA鎖のうち、壊れてしまった部分と同等な(相同な)部分を鋳型にすれば、2本鎖切断部位を正確に修復できます。

DNA複製を正確に行い、さらに修復を行うことでミスは限りなく0に近くなります。これは、発がんの防止などに役立っています。



— Decoding Life, Creating Future —

エピゲノムで生き物のあたり前を超えていく

Rhelixaは自社のコアコンピタンスであるエピゲノム解析技術を応用し、ソフトウェア開発、検査技術の開発、お客様各々の目的に応じた研究開発のサポートを行っています。

効率的かつ効果的なエピゲノム解析を実現する上で、網羅的な大規模遺伝情報の取得が必要です。その際、最先端のゲノム配列決定装置である次世代シーケンサーが欠かせません。Rhelixaでは次世代シーケンサーを備えた専門のラボと、それを利用するためのノウハウを持った人材が揃っているだけでなく、解析を高速・高精度化する独自ソフトウェアを用いて、得られたデータを専門技術陣が解析いたします。